日時:2019年6月19日(水) 開演:19時 開場:18時30分 
会場:サントリーホール ブルーローズ
料金:5,000円

曲目:
《第1部》
ラフマニノフ:13の前奏曲 Op.32(江口玲ソロ)
《第2部》
スクリャービン:ピアノ・ソナタ 第5番 Op.53(角野隼斗ソロ)
ラフマニノフ:組曲 第2番 Op.17(第1ピアノ:角野 第2ピアノ:江口)
1983年ホロヴィッツ初来日のNHKホールで使用された1912年製のスタインウェイ《CD75》。カーネギーホールで演奏したと言われる1887年製スタインウェイ《ローズウッド》。 ホロヴィッツが最も愛し、オリジナルの状態を保つ2台のスタインウェイを使用してのコンサートも8回目を迎えます。 今年はホロヴィッツ没後30年にあたる2019年。今年のテーマ「ラフマニノフ」は、まさに1912年製の《CD75》そのものの音楽であり、大ホール時代のエンタテインメントスピリッツはホロヴィッツに継承されました。 第2部では、かつてニューヨークのスタインウェイ本社コンサート部で、ラフマニノフが若き日のホロヴィッツと演奏したように、今注目の若手ピアニスト角野隼斗と共演いたします。お問い合わせは03-3770-9611まで